できること

タイムラインが実現する新しい情報共有スタイル

患者や利用者ごとに作られたタイムラインを見たり、つぶやいたりするだけで、簡単に情報を共有できます。アップされた情報は時系列に並びます。

見る

見るだけで、簡単に情報共有

基本的な使い方は、患者や利用者のタイムラインをただ見るだけ。タイムラインには参加メンバーの発言や資料など、必要な情報がまとめて載っています。

“時系列”だからわかりやすい

参加メンバーの発言やアップされた資料などは、タイムライン上に時系列でわかりやすく表示。検討中の件についても、前後の流れが把握しやすく便利です。

他のメンバーのやりとりもわかる

自分が発言した内容はもちろん、医師や看護師、薬剤師、介護スタッフなど、自分以外の参加メンバー間で行われているやりとりもひと目でわかります。

書き込む

好きなときに、書き込みましょう

連絡したいことや共有したい資料がある時は、気軽につぶやいてください。あなたのつぶやきは、他のメンバーが都合のよい時にすぐ確認できます。

“つぶやき”感覚で資料をアップ

連絡ノートやカルテ、FAXなどメンバー間で共有したい資料は、写真に撮ってMCSにアップするだけでOK。つぶやく時と同じ手軽さで共有できます。

メンバーしか見ないから、安心

あなたのつぶやきは、許可されたメンバー間でのみ閲覧が可能です。一般の人が利用するインターネット上に公開されることは一切ありません。

「了解!」ボタンで簡単返事送信

相手のメッセージに対して「了解!」ボタンをワンクリックするだけで既読をお知らせ出来ます。

面倒なやりとりも、添付ファイルで解決

共有したい資料や画像を写真に撮ってMCSにアップすれば、いつでも好きな時に確認できます。もう、相手の都合を気にする必要はありません。

「連絡ノート」の共有

ノート代わりにも。

連絡ノートの共有したいページを写真に撮ってアップすれば、いちいち連絡ノートを見に行く手間も省けます。

「写真」の共有

患者の症状写真も。

患者の症状写真をMCSにアップして共有したり、アップされた写真についてコメントをつけることもできます。

「FAX」画像の共有

たまったFAXも。

届いたFAXは、その都度MCSにアップする習慣にしておけば、コピー機にFAXがたまることもありません。

「文書ファイル」の共有

報告書や必要書類も。

医師や看護師、ケアマネなど複数人が関わる文書ファイルも、MCSなら手軽に共有できます。

「X線画像」の共有

共有したい画像も。

病院などで撮影したX線画像をMCSにアップすれば、内外の関係者とも簡単に情報共有することができます。

メディカルケアステーションに参加しよう

メディカルケアステーションに参加する方法は「自分から参加する」「周りの人から招待される」の2通り。連携したい医療・介護関係者とつながって、リアルタイムの情報共有をはじめましょう。

参加する(医療・介護関係者)

自分で参加する

  • MCSに無料で登録新規登録画面にアクセスして、必要な情報を入力して、MCSに登録(無料)して下さい。
  • メールが届きます(仮登録完了)仮登録完了のメールが届きますので、手順に従って本登録を完了して下さい。
  • アクセスしてログイン(ご利用スタート)ログイン画面から登録頂いた「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、ご利用を開始して下さい。
    ※医師会や介護グループ、薬局グループなどの団体様は一括申込が便利です。一括申込については別途お問い合わせください。

招待されて参加する

  • 招待メールが届きます既にMCSユーザの医療・介護関係者から、あなたに招待メールが届きます。
  • MCSに無料で登録招待メールから登録画面にアクセスし、必要な情報を入力して、MCSに登録(無料)して下さい。
  • メールが届きます(仮登録完了)仮登録完了のメールが届きますので、手順に従って本登録を完了して下さい。
  • アクセスしてログイン(ご利用スタート)ログイン画面から登録頂いた「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、ご利用を開始して下さい。

招待する

職場スタッフの招待

まずは、自分の職場スタッフを所属施設に招待しましょう。スタッフ同士でメッセージのやりとりが可能になります。
なお、スタッフの招待は管理者が行うか、管理者の承認が必要になります。

外部連携先メンバーの招待

外部の連携先メンバーや、知り合いの医療・介護関係者を招待しましょう。資料・画像などの情報共有やメッセージのやりとりが可能になります。

招待で広がる自分だけの“つながり”

一度MCSでつながったユーザは、自分の「つながり」として表示されるので簡単に他のタイムラインにも招待できます。招待したり・されたりを繰り返すことで“つながり”が広がります。また、担当を外れたメンバーをタイムラインから外すことも可能です。

無料で医療介護連携をスタート

こちらのサイトからは医療介護関係者の方のみ登録可能となります。

新規登録
  • 日本エンブレース
  • KDDI株式会社
  • 全国医療介護連携ネットワーク協会
プライバシーポリシー