1. ホーム
  2. サービス紹介
  3. 薬剤師のMCS活用方法

薬剤師のMCS活用方法

日々変化する患者の状態
MCSで共有されるので、
薬に関する適切なアドバイス
迅速な対応に役立てることができます。

こんなお悩みを解決します!

  1. 患者の状態の経過が分からず処方箋内容を頼りに訪問することもある
  2. 多職種と処方提案や意見交換をするタイミングが難しい

薬剤師の多職種連携をサポート

処方前後の患者の様子を把握し、
薬に関して適切なアドバイスができる

医療介護従事者の多職種チームと一緒にMCSを利用することで、処方前後の患者の様子がMCSで薬剤師にも伝わるようになり、患者の状況を把握したうえで、薬に関する適切なアドバイスができるようになります。

日々変化する患者の情報が共有され、
医師へのタイムリーな提案も可能に

日々変化する患者の情報がMCSで共有されているので、薬の増量やスイッチングのタイミングを逃さず迅速に医師に提案することも可能になります。

社内グループを作成し、業務報告・業務連絡ツールとしても活用できる

「職場の情報共有」グループで、業務に関する相談や報告ができ、自施設のメンバーと情報共有ができます。資料などをアップしておけば、後から検索もでき、連絡帳として活用できます。

セキュリティについて 患者の個人情報を守るシステム

MCSは厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に基づきご利用いただけます。
ガイドラインに準拠してご利用いただくための運用ポリシーの見本もご用意しております。MCSご利用の際のルール作りにぜひご活用ください。

詳しく見る

職種別活用方法 MCSは様々な職種のコミュニケーションをサポートします