1. ホーム
  2. サービス紹介
  3. ケアマネジャーのMCS活用方法

ケアマネジャーのMCS活用方法

情報連携をMCSで行うことで、
書類作成や関係者との連携など
煩雑になりがちな業務を効率化でき、
迅速な支援を実現できます。

こんなお悩みを解決します!

  1. 書類作業や多職種のサービス担当者会議の日程調整など事務作業が多い
  2. 忙しい医師に電話して確認内容を聞くのを躊躇する

ケアマネジャーの多職種連携をサポート

連絡内容はデジタルデータで残り書類作成の効率がアップ、利用者ごとの仕分けも不要に

関係者とのやり取りを電話・FAXからMCSに切り替えていくことで全てテキストデータとして残るので、支援経過記録や実績報告など所定の記録の作成もコピー&ペーストで効率化できるなど、書類作成業務の手間が減らせます。やりとりした書類などのデータは利用者ごとに整理され、検索もできるので、改めて仕分けをする必要がありません。

都合が良いときに返事がもらえるから、
気軽に連絡でき心理的な負担も減少

多忙な医師に電話では連絡をしづらい状況でも、MCSに投稿しておけば、都合が良いときに返事をもらえます。「ちょっとしたことが気軽に聞けるようになった」とのお声をいただいています。必要書類もタイムラインに投稿するだけで、関係する多職種に一斉に送付が完了し、連携漏れも防げます。

利用者の状況やケア内容を離れて暮らす家族とも共有でき、安心感のある支援を実現

利用者と家族を多職種チームのタイムラインに招待することもでき、必要な情報を共有できます。家族が遠方で暮らしている場合などにケアマネジャー発信で利用者グループを作り、多職種スタッフが普段どのように利用者と関わっているか共有することで安心感につなげているという例もあります。

セキュリティについて 利用者の個人情報を守るシステム

MCSは厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に基づきご利用いただけます。
ガイドラインに準拠してご利用いただくための運用ポリシーの見本もご用意しております。MCSご利用の際のルール作りにぜひご活用ください。

詳しく見る

職種別活用方法 MCSは様々な職種のコミュニケーションをサポートします