1. ホーム
  2. サービス紹介
  3. 看護師のMCS活用方法

看護師のMCS活用方法

患者の治療の経過や伝達事項
MCSで関係者間に共有することで、
患者・家族に一貫した治療・ケア
提供できるようになります。

こんなお悩みを解決します!

  1. 情報共有がうまくできず、訪問する多職種によって患者・家族に話す内容に相違があり、現場が混乱することも少なくない
  2. 入退院時の病診連携でのスムーズな情報共有を実施して患者を安心させたい

看護師の多職種連携をサポート

伝達事項はMCSにアップし関係者全員でチェック。認識違いや連携漏れを防ぐ

患者の情報や医師からの指示を必要な職種・施設に送りたくても、メールや電話では一人ひとりに連絡する手間がかかり、すれ違いや連携漏れも起きやすくなってしまいます。MCSを取り入れることで、必要な情報を関係する多職種に瞬時に共有することができます。

患者の普段の経過を病院と診療所で共有し、入退院時の切れ目のない連携に活用

MCSで病院と診療所を繋ぐことで、患者の普段の経過を関係者で共有することが可能になり、入退院後の速やかな情報共有にも繋がります。投稿は時系列で残るので、状況の変化や患者の経過もしっかり把握できます。

患者・家族の日常の様子も共有し、
思いに寄り沿った支援を実現

治療・ケア内容だけでなく、患者・家族の日常をMCSに記載し多職種で共有することで、患者の思いに沿ったケアや治療の実現に活かすことができます。また、別のタイムラインを作って患者や家族と直接コミュニケーションをすることも可能。メンタル面のケアに役立てている多職種チームもあります。

セキュリティについて 患者の個人情報を守るシステム

MCSは厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に基づきご利用いただけます。
ガイドラインに準拠してご利用いただくための運用ポリシーの見本もご用意しております。MCSご利用の際のルール作りにぜひご活用ください。

詳しく見る

職種別活用方法 MCSは様々な職種のコミュニケーションをサポートします