1. ホーム
  2. サービス紹介
  3. セキュリティについて

セキュリティについて

厚生労働省のガイドラインに基づきご利用いただけます

MCSは厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に基づきご利用いただけます。
ガイドラインに準拠してご利用いただくための運用ポリシーの見本もご用意しております。MCSご利用の際のルール作りにぜひご活用ください。

患者・利用者の情報を安全に扱えます

MCSは「必要な時に・必要な情報を・必要な人とだけ」共有できる、セキュリティの高い非公開型医療介護連携コミュニケーションツールです。招待・承認フローによるアクセスコントロールにより、患者や利用者の情報は、登録したメンバー間のみ共有することができます。

管理者が行える操作(権限付与と解除/参加承認) 知っておくと便利な機能(メンバーを絞り込んだタイムライン/直アップロード/ファイルアクセス管理機能)

医療介護従事者と患者さんの書き込む場所を分けることができます

MCSの核となる患者ごとのタイムラインは医療介護従事者限定の「医療・介護側タイムライン」と患者・家族も参加できる「患者側タイムライン」の2種類があります。
これにより、医療介護従事者でとどめておくべき情報が患者さんやご家族へ伝わらないようになっています。
「医療・介護側タイムライン」から「患者側タイムライン」へ移動するときには、メッセージ送信内容に注意を促すアラート表示を実施。
さらに2つのタイムラインを全く別のデザインにすることで、誤送信を2重に防ぐ仕組みとなっています。

通信の安全について

MCSでは、情報の改ざんや盗み見などを防止するために通信を暗号化する技術のTLS1.2に対応しています。
TLS1.2への対応は、厚生労働省のガイドラインに明記されています。

使用できる端末を限定できます(クライアント認証)

二要素認証(クライアント認証)機能を使用することにより、利用可能な端末を制限できます。MCSでは本人認証・端末認証として「クライアント証明書」の発行機能を提供しています。ユーザの特定の端末に、MCS専用認証局から発行される「クライアント証明書」をインストールし設定を行います。その証明書を利用し「二要素認証(クライアント認証)]を行うことが出来ます。これにより、第三者による不正使用のリスクが軽減され、高いセキュリティを保つことが可能です。

高セキュリティ端末レンタルサービス(有料)

MCSをいつでもどこでも、よりセキュアに安心してお使いいただくことのできるタブレット端末「MCS mobile」のレンタルサービス(有料)をご用意しております。

詳しくはこちら