ご利用者の声

栃木県

栃木県『どこでも連絡帳』

ICTを活用して、在宅医療介護に関わる多職種間の情報共有を進め、連携を深めるための栃木県統一「医介連携専用ネットワーク」に「メディカルケアステーション」を採用しています。

どこでも連絡帳 公式サイトはこちら

「どこでも連絡帳」のはじまり

栃木県では県の医師会が中心となりMCS(メディカルケアステーション)の導入を推進しています。県医師会内に、「医介連携ネットワークシステム構築研究会」を設置し、各職種の代表が集まり、検討した結果、平成26年4月より、モデル事業として、壬生地区において、医介連携ネットワークシステム「どこでも連絡帳」の実証実験を開始しました。

導入の理由(ポイント)

長島 公之 医師(栃木県医師会 常任理事)「医療と介護の連携は県全体が繋がる必要があります。そのためには操作がとっても簡単で誰でも使えること、費用がすごく安くて誰でも参加できること、そして、ipadでもiphoneでもスマホでもノートパソコンでも何でも使えること。これが大切です。
また、在宅医療では患者さんのことを一番よく知っている看護師さんやケアマネさんなど、色々な職種の方が書き込んでくれる事がとても大切です。そのためにはMCS(メディカルケアステーション)というのは一番理想的なシステムだと思っています。」

現場チームの士気向上

壬生駅前にある前原医院では、訪問診療を行う際にもMCS(メディカルケアステーション)が活躍しています。患者さんに関わる様々な職種間で情報を共有することで以前よりもスムーズな診療が可能になりました。
前原 操 医師(栃木県医師会副会長)「チームのやる気というのは主治医がいかに書くかなんです。症例を提示するとか。あとは薬剤師の人や歯科医師の人とかも段々話が出来るようになってきているというので現状です。」

利用されている方(患者さん・利用者さん)の声

「先生も一日に一回は見てくださるので情報交換が早いです。」
「(MCSの)操作は簡単だと思います。どなたでも出来ると思います。」
「色々な方が見守ってくれているという安心感があります。」

栃木県

無料で医療介護連携をスタート

こちらのサイトからは医療介護関係者の方のみ登録可能となります。

新規登録
  • エンブレース株式会社
  • KDDI株式会社
  • 全国医療介護連携ネットワーク協会
プライバシーポリシー