1. ホーム
  2. 導入事例
  3. “つるカフェ”発、防災から広げる多職種ネットワーク

“つるカフェ”発、防災から広げる多職種ネットワーク

栃木県下野市のつるかめ診療所は、2007年の開業以来ずっと地域に寄り添い、在宅医療を支え続けている。所長で医師の鶴岡優子氏は2011年の東日本大震災をきっかけに”つるカフェ”と名付けた肩のこらない勉強会を開催、防災対策も視野に、多職種による顔の見える関係づくりを進めている。栃木県では『どこでも連絡帳』として定着しつつあるメディカルケアステーション(MCS)がここで一役買っているという。”ゆうこりん”こと鶴岡氏に話を聞いてみた。

MedicalCare POSTの記事「“つるカフェ”発、防災から広げる多職種ネットワーク」へ転送されます。