MedicalCareStation App Center

Prime-iSys 地域医療連携サービス

診療・検査予約

提供元:プライム技研株式会社

リリース:2011/04/01

お問い合わせ

App Center トップページにもどる

地域の中核病院から開業医様への情報発信や患者情報の共有を通じて、自院への患者紹介に理解を深めていただ
くこと、紹介率・逆紹介率を上げることがこのサービスの目的です。
メディカルケアステーションによるコミュニケーション支援とインターネットを介した診療・検査予約サービス、各種クリニカルパスを支援する文書連携サービスにより、患者情報を中心とした切れ目のない医療連携と多職種間連携をサポートします。

価格:
お問合せください
カテゴリ:
診療・検査予約
更新:
2011/04/01
バージョン:
Ver3
言語:
日本語
提供元:
プライム技研株式会社

Prime-iSys地域医療連携サービスは、インターネットを介して地域中核病院と町の開業医様をつなぎ、連携を深めていただき、患者紹介や在宅復帰など切れ目のない連携を支援することを目的としています。
■診療・検査予約サービス
中核病院に診療や検査の紹介を行う際に利用できます。
開業医様はインターネット上に表示されるカレンダーの希望する枠を選択して患者名・生年月日・性別を入力するだけで予約を完了し、プリンタから予約票や注意事項、同意書などの必要書類を印刷することができます。
このように中核病院の医療連携室では、無人で予約受付ができるため、夜間や土曜日の事務負担が軽減できるほか、直ちに予約が確定できることで開業医様や患者様の
利便性を向上させることができます。
■クリニカルパス支援サービス
がんパスをはじめとするクリニカルパス連携において、文書のFAX送付やコミュニケーションを支援します。
パス連携においては、患者様が受診する際に計画書によって予定どおり実施されているか確認する必要がありますが、実際には都度電話で確認することが多いなど、運用ではなかなかスムーズに対処できていないことが多いようです。
クリニカルパス支援サービスでは、中核病院の診療科、連携室、開業医様がメディカルケアステーションで患者情報の診療実績を共有し、報告書の作成と送信を支援することで、診療・検査時に状況確認などの事務負担を軽減し、パス連携を確実に継続できるように支援を行います。
■医療連携室からの情報発信・交換
中核病院の医療連携室では数百の開業医様と連携する必要があり、メディカルケアステーションを利用することで、すべての連携医向けに情報発信したり、テーマ毎の連携医グループと情報交換することができます。